ワールドダイビングなら青の洞窟で沖縄ダイビングライセンス取得可能

趣味としてスキューバダイビングを始めたいと考えているなら、Cカードと呼ばれるライセンスカードを取得する方法がおすすめです。一定の講習を受けることで世界中の海でダイビングが楽しめるようになることが最大のメリットであり、体験コースでは潜る水深と時間が限られていますが、ライセンスを取得すれば初級なら15~18mまで潜ることが可能で、サンゴ礁や魚の群など様々な生き物が堪能できます。他にも自立したダイバーとして認められ常にインストラクターが横に付いていなくても大丈夫なので、自由に泳ぎ回ることができるようになります。

そこで沖縄ダイビングライセンスが取得できるとして人気が高い「ワールドダイビング」は、学科講習と実技講習を受けることで、ライセンス取得を目指せるダイビングスクールです。海辺のダイビングスクールだからこその特徴として、沖縄でも人気のダイビングスポットである「海の洞窟」で、Cカードのオープンウォーターやステップアップ向けのアドバンス・スペシャリティなど全てのライセンスコースの取得を目指せることが特徴です。

青の洞窟は半水面の洞窟なので、未経験者の方でも安心してダイビングを楽しむことができる特徴があり、空いた時間には洞窟周りを探検したり、人の少ない裏真栄田と呼ばれるシークレットビーチでのんびりと過ごすことができることも魅力です。せっかくダイビングライセンスを取得するなら、幻想的な青い光に包まれる神秘的な青の洞窟でPADIダイビングライセンスを取得したいと、多くの人が参加しています。
ライセンス取得コースは、初心者向けの「オープンウォーター(Cカード)2日間+eラーニング」と、ステップアップ向けに「アドバンス・アドベンチャー2日間+事前学習」が用意されています。オープンウォーター(Cカード)は、初心者がダイビングの基礎をしっかり学ぶことが可能で、旅行の場合は3泊4日から参加することが可能です。