女性が沖縄でダイビングライセンスを取得するなら


ダイビングセンスとは、ダイビングを楽しむために欠かせないライセンスのことで一般的には「Cカード」と呼ばれています。一定の講習を受けるなど条件を満たすことで取得できるのですが一般人の多くは最初に「オープンウォーターダイバー」という潜るための資格を取得します。このダイビングライセンスは2人以上のダイバーと一緒に18mまでダイビングすることが出来、インストラクターが付き添ってくれるので安心して楽しむことが出来ます。
またライセンスには他にも更に深い場所を潜ることができる「アドバンスド・オープンウォーター」という資格や、「ボートダイバーSP」、「ディープダイバーSP」、「ドリフトダイバーSP」といった様々な上位ライセンスがあります。
沖縄の場合、様々な場所にダイビングポイントがありますがその多くは「アドバンスド・オープンウォーター」が必要となる深さがあるので楽しむ際にはこの資格まで取得しておくと良いでしょう。また沖縄の慶良間諸島ならば潮の流れが強い場所が多いことから潮の流れに乗って潜るドリフトダイビングという技術が必要となるので、「ドリフトダイバーSP」の資格を取得しておきましょう。
このように沖縄では名所としてダイビングスポットが多くあることから、様々な場所で講習が行われています。旅行会社もツアーやプランとして取り扱っており、一般的にはこれらを利用して資格を取得します。普通に利用する場合は、現地のダイビングショップに申し込みを行う流れとなっています。ダイビングショップで行う講習も体験ダイビングとして手軽に楽しめるものから、ライセンスを取得するために一から行うコースと豊富です。講習内容としてはまずプールで器材の基本的な使い方やトラブルの対処法などを学び、それから海で本格的にダイビングを行っていくような流れとなっています。
女性に関しては、専用のプランを取り扱っている旅行会社もあります。内容としては沖縄までの航空券やホテル、ダイビング講習がすべてまとめて予約出来るようになっています。このプランのメリットは面倒な手続きを全て一括で済ませることが出来るだけでなく、好きな格安航空会社やホテルを好きに選ぶことが出来ます。また講習を受けるダイビングショップも女性がひとりでも安心して出来るような近所を選んでいます。そしてパックにまとめられていることから普通に利用するよりも費用を安く抑えることが出来ます。

ダイビングライセンスを取得した後は沖縄の北部でダイビングをしたいと思っています。